シートベルトアンカの係止構造

Locking structure for seat belt anchor

Abstract

(57)【要約】 【課題】 シートベルトに衝撃荷重が作用した際の乗員 の移動量を小さくできるシートベルトアンカの係止構造 を実現する。 【解決手段】 ロアアーム22の貫通穴に遊嵌したスト ッパ52との嵌合穴41kを、後方リフタリンク41又 はこの後方リフタリンク41と一体となって回動する部 材に形成する。そして、この嵌合穴41kの内壁面に、 ベルトアンカリンク51が衝撃荷重により回動した状態 におけるストッパ52と噛み合って後方リフタリンク4 1の回動を規制する係止用内歯を、後方リフタリンクの 回転方向に沿って複数設ける。又、ベルトアンカリンク 51が衝撃荷重を受けるまでは、ストッパ52が係止用 内歯と噛み合わないように、ベルトアンカリンク51を 拘束する手段を設ける。
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a locking structure for a seat belt anchor capable of reducing moving quantity of an occupant when impact load is applied on a seat belt. SOLUTION: An engagement hole 41k with a stopper 52 loosely engaged a through hole in a lower arm 22 is formed in a rear lifter link 41 or a member which integrally rotates with the rear lifter link 41. On an inner wall surface of this engagement hole 41k, plural internal teeth for locking are provided in a rotation direction of the rear lifter link 41 to be engaged with the stopper 52 as a belt anchor link 51 is rotated by the impact load to regulate rotation of the rear lifter link 41. A means to restrain the belt anchor link 51 is provided so that the stopper 52 is not engaged with the internal teeth for locking before the belt anchor link 51 receives the impact load.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2011016482-AJanuary 27, 2011Toyota Boshoku Corp, トヨタ紡織株式会社シートベルト装置